SONY Cell Sorter SH800 (IMEG_505)
Manufacturer Name SONY
Location IMEG_505
Available Enable
利用料金(学内)
Cancellation Deadline until 0 hours before
Equipment Admin
Information

現在の装置状態:良好、メーカー修理点検済み(2022/12/21)

561nmレーザー交換、スポット点検済み。


利用前後の注意事項

・Beadsの取り扱い

・チップの種類(100µm, 130µm)

光学系フィルター

・DIwaterの補充

・コンプレッサーの電源


注意

・シース液はBECKMANのIsoFlow をご使用下さい。(2017.1.31)

・本体の光学系フィルターを変更した場合は、使用後元に戻しておいてください。(2018.8.7)
・サンプルローダー上部から水が漏れ落ちてくる際は、本体左側面の内部にあるDIフィルター(右側)のエア抜きを行ってください。(本体立ち上げ後Standby状態の時に行ってください)
・使用後のブリーチクリーニングの後は、純水で【Shutdown Rinse】を行ってシャットダウンです。【DI Rinse】ではありません。ご注意ください。
・使用後はコレクションエリアの清掃も行ってください。(偏光プレート、廃液キャッチャーを外して塩析を丁寧に拭き取る)

・オートキャリブレーションに失敗する場合は、SkipしてDI Rinseを何度か行う → 改善されない場合は再起動しWaste Aを実行してください。

・起動時にレーザー2のwarningが出る事があります。その際は再起動して下さい。
・コレクションエリア内の廃液口にゴミやガーゼの繊維片が入ると詰まりや液漏れが起こる可能性があります。エリア内の清掃にはキムワイプをお使い下さい。また、詰まりや液漏れなどが起こった際は、ストリームを流しながら廃液キャッチャーに洗ビンで直接DI Waterを注ぎ込んで廃液ラインを洗い流してみて下さい。


履歴

・561nmレーザー交換、スポット点検済み(2022.12.21)

・メーカーによるLD4確認調整(2022.11.25)*レーザー交換推奨

・メーカーによるFSC受光ファイバー位置調整(2022.08.22)

・LDS3 laser warning(power, current: 638nm)-->メーカーによる光軸調整修理(2022.08.10)

  PumpBも交換(2022.08.10)

・メーカー基盤交換・装置調整(2022/02/22)

・2022.01イベントレートが不調--> Sheath圧・流速の安定チェック(2/8)-->調整-->基板の交換予定(2/22)

->Sheath regulator 再交換(11/29)--> Sheath圧の安定再チェック(12/1)-->問題なし

・シース液が少し逆流し、装置セットアップが完了しません-(2021.11.15)->Sheath regulator 交換(11/19)-->不安定(11/20)

メーカーによるソフトウェアバージョンアップ(V2.1.5→V2.1.6)(2021.08.04)

メーカーによる光軸調整修理(2021.03.17)

PumpB交換修理(2020.07.20)

・メーカーによる飛沫等の汚れをメンテナンス完了(2019.08.29)

・回復しました。ソーティングにも使えます。(2015/11/10)

・サンプルライン交換しました(7/8/2014)
・96wellプレート用細胞捕集装置増設完了(5/26/2014)


Reservation Status
Month Booking,January 2023
SONY Cell Sorter SH800 (IMEG_505)
Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday